忍者ブログ

21世紀の日蓮仏法

青年よ「一人立つ獅子王」たれ!「筋金入りの折伏の闘士」たれ!

戸田先生「なぜ邪宗の題目は不幸になるのか」

方便品壽量品講義より

霊友会・立正佼成会などが、人人の無知につけこんで「死んだ人が仏であるから、それを拝めば仏所護念で、その仏が護ってくれる」などというようになっております。

これは実にとんでもない誤りで、大いに恐るべきことであります。

彼らは人の戒名を書いてベタベタ張り付けて南無妙法蓮華経と唱えさせます。

すると、どうなるか。境智冥合の力を出して、その戒名にあらわれる生命に感応いたします。

死んだ人が地獄に行っているならば、こっちの生命が感応して自分が苦しみ悩むようになります。





お題目には、全宇宙一切衆生の生命に感応する力があります。

それだけに、本尊を誤ると大変なのです。

誰かの名前を書いてそれに題目を唱えるだけで、生死を問わず、その人物の生命があなたの生命と感応してしまいます。

三大秘法の御本尊の中央には、ハッキリ「日蓮」と記されています。

これにより、御本尊に向かってお題目を唱えると、あなたの生命が正しく日蓮大聖人と合致し、本師の再誕・分身としての使命を果たせるようになるのです。



拍手[74回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
真蓮 ※削除依頼等はお手数ですが「拍手」をクリックしてからコメント欄に記入してください。
性別:
非公開

P R