忍者ブログ

21世紀の日蓮仏法

青年よ「一人立つ獅子王」たれ!「筋金入りの折伏の闘士」たれ!

檀那を家族と思っていた大聖人

蓮祖は佐渡の老夫婦である国府入道夫妻に、



「日蓮はあなた方の子どもです」

「蒙古が攻めてきたら身延に避難しておいでなさい」

「ご子息もおられないので、老後はこちらに移住することもお考え下さい」



そのような温かい励ましのお手紙を送られています。

あたかも実の親子のような情愛を通わせていたのです。

特に、これからは新型コロナ恐慌が本格化します。

口先だけの激励でなく、本当の意味での支え合いが、創価家族にも求められてくるのです。

拍手[28回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
真蓮 ※削除依頼等はお手数ですが「拍手」をクリックしてからコメント欄に記入してください。
性別:
非公開

P R