忍者ブログ

21世紀の日蓮仏法

青年よ「一人立つ獅子王」たれ!「筋金入りの折伏の闘士」たれ!

新型コロナは「人衆疾疫難」

われわれ法華衆は非常時にこそ「御書」を拝さなくてはいけません。

今回の新型コロナ危機は、立正安国論に説かれる「人衆疾疫難(にんしゅしつえきなん)」に当たると考えられます。

なおかつその規模は戦後最大であり、学会においても会合中止を余儀なくされるなど、直接的な障害を招いています。

他にも相次ぐ激甚災害は「雨水難」「悪風難」であるといえます。最近は特に強風が目立ちます。

こうした大難の出現は、世界広布の進展による反動であるともいえ、避けられない試練なのかもしれません。

しかし、信心によって呼び起こした難であるなら、やはり信心で乗り越えられるはずです。

より具体的には、ステイホーム期間を活用し、各自がしっかり教学に取り組むことです。

御書全編拝読に挑戦してもいいでしょう。人間革命シリーズを改めて読み返してもいいでしょう。

今は、学会全体が教学力を底上げするチャンスでもあるのです。

拍手[70回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
真蓮 ※削除依頼等はお手数ですが「拍手」をクリックしてからコメント欄に記入してください。
性別:
非公開

P R